DOTCOOLは、静岡市葵区のJAZZ-BAR。

TEL.054-273-3466

〒420-0034 静岡市葵区常磐町1-5-4パレスビル6F

未分類

煽り過ぎでしょ

煽り過ぎでしょ。

トランプは駐留米軍の費用は全額日本が払え、さもなくば米軍は撤退するとまで言い放って当選した、アメリカ保護主義の人間だ。

それが、

シリアに突然のミサイル攻撃、それは北朝鮮への威嚇だ発言、まるでタチの悪い放火犯があちこちに火をつけまくっているのと同じだ。

さらに、空母の派遣で緊張感を煽り、ペンス副大統領来日だ。ここでペンスが、「今極東は緊張状態です、日本は更なる迎撃ミサイルの配備が必要です、8000億円です。」などと言いだしたら、もうお願いだから、本当にお願いだからその場で、いりません!と断言してくれ頼むから。

日本の「思いやり予算」の存在さえ知らなかったトランプは、大統領になってどこかで知ったな、極東ビジネスのやり方を。

緊張感を盛り上げて盛り上げて、買わせる。米国は空母を派遣し、北にハリボテのICBMを見せさせ、後は副大統領が来日して8000億円の見積書出せば終わりだ。アメリカ最大のプロレス団体、WWEにも出演し、ビンスと髪切りデスマッチを繰り広げ全米を盛り上げたトランプにとって、これくらいの盛り上げはいともたやすい。

考えよう、しっかりと。

税金が、もうじき引き落としのある税金が、当たりもしないミサイルのおもちゃに変わろうとしているぞ。

シリアの問題を北朝鮮と結びつけるなどという無茶振りを、いいかげん疑おう。

怯えない。考えることが大切だ、騙されないために。

マイルス・アヘッド

観てきました。

空白の5年間のマイルスはピストルぶっ放したりの大変なやつだったね。

someday my prince will comeのジャケのフランシスが、女優のものに上手に合成されていたのが良かったですね、なるほど、と。さすが芸が細かいね。

映画はまあよくはわからんかったけど、強そうで、弱くて、帝王なマイルスのイメージは僕の抱いていたマイルスのイメージにかなり近かったですね。

Live at The Elvin!! CD発売!

ドットクールでお馴染みの二郎さん、サリーさん、そして年末ライブでのギタリスト鈴木勇次さんが入ったライブ盤がCD発売されました。¥2000 ドットクールで絶賛発売中です。

 

『Live at the ELVIN 2016 Oct 30. Jiro Motoyama & Sally Nakada』
Jiro Motoyama (b)
Sally Nakada (vo)
Yuji Suzuki (G)
Shunsuke Saito (pf)
@宮城県佐沼Jazz Spot ELVIN

 

 

餓鬼

 

仏教について、詳しいわけではないよ。

 

しかし、いちいち調べるのは面倒なので、浅はかながら、記憶をたどると、

 

人間は死ぬと、

六文払って、

三途の川をわたり、

冥土と言う、裁判所に行き着き、

7日に一度、裁判を受ける。

 

 

 

三人目が、有名な閻魔大王、

49日にあたる、最後の裁判官が、タイセンオウで、その判決で次の行く先が決まる。

行く先は、
餓鬼界 畜生界 …人間界、天国などいろいろあるが、それは輪廻の罠で、

その世界から抜け出て、極楽浄土に行き着くことこそが真の目的である。

 
なお、裁判では、この世でどんな生き方をしたのか、が試される。

 

 

死ねば、まず肉体が滅びる。

肉体がない、ということは、

そこにいるにもかかわらず、

見えない。

 

また、叫びたくとも、口がないから、

叫べない。つまりは

誰も自分の存在を認めてくれないということだ。

 

 

存在が薄い、なんてもんじゃなく、

いるのに、存在がない。

 

味わうのは極限の孤独。
肉体も滅び、誰にも認識してもらえず、
孤独と寂しさの極限に追い込まれている人間の前に
突然

 

家族が現れる。
恋人が現れて、話しかけてくる。
会いたかったあの人が、久しぶり!とやってくる。

 

 

しかし、

これは、すべては、罠だ。

 

 

裁判官たちが、仕掛けた罠。
誘われたまま、ふらっっとそっちへ行った瞬間に、またも輪廻の中だ。
極楽浄土へと、解脱するためには、

誘惑を無視して、どこかに激しく輝いている、
強い光の方へと、歩んでいかねばならないのだ。

 

 

 

 

さて、
今俺は、人間界に住んでいる。
輪廻の階層で言えば、上から2つ目で、
ここにたどり着くまで、前世までは結構努力したんだろうな。
なんせ、上から2つ目だぜ。
いろんな誘惑にも負けず、がんばってきたからこそ、
この人間界にいられるのだ。俺は、大した奴だったんだな。

 

 

 

なのに、今の俺はなんだ?

 

 

腹がへりゃ食い、
毎晩たらふく酒を飲み、
ジャズだなんだ遊び放題、
それは仕事だなどとのたまうわりには、
疲れたなどと口にする。

 

 

ダメだ、こりゃ。
次は間違いなく、最下層行きだ。
苦しい人生が待っているな、
せっかく頑張って、ここまできたのに、残念だ。
冥土の裁判で、誰かがが俺の存在に気付き、おーい久しぶりだな、こっちこっち、なんてやられたら、
俺一撃でそっちいくから、もう自信あるからね、

さみしいのはいやだからね、
7回裁判があったら、7回ともいくね、

もう自信たっぷりで。なーんの修行もできとらんから。

ああ、みなさん、さようなら。

俺は餓鬼に姿を変えて、生きているから、誰も気がつかんだろうけど、

 

 

 

 

いつかこの人間界にもどった暁には、
シビれるような、ピアノを弾いてやるぜ。

 

 

 

サイマルラジオ

375071_141141026012813_1383306472_n

インターネットサイマルラジオで、私の番組

サウンドスペース・ライフタイムが聴けるようになりました!

上のバナーをクリックして、

東海地方のFM-Hiをクリックしてくださいね。

 

放送日・時間は下記のとおりです。
サウンド・スペース・ライフタイム
毎週木曜 18:30~19:00  放送
毎週土曜深夜 0:00~0:30 再放送
毎週土曜 15:00~18:00  アーカイブ放送

 

なお、11/26木 の番組は

特番、1時間半枠でおおくり致します。

サウンドスペースライフタイム、特番

「ジャズというジャンルがあるんじゃない、ジャズな人がいるだけだ!」

いつもに増して、過激に、刺激的にお届け致します!

コインパーキング

20150718_061030789_iOS 20150720_015954896_iOS 20150720_020612080_iOS 20150720_021448649_iOS 20150723_085529961_iOS

 

 

街場の

大きくもなく小さくもない、

パチンコ屋が、取り壊されて、

コインパーキングになる。

 

 

 

 

老朽化しテナントも入らなくなった、

ビルが取り壊され、

コインパーキングとなる。

 

 

 

コインパーキングができるということは、

駐車場が増えて、街が便利になった、

 

 

 

 

 

ということではない。

 

 

 

 

 

 

街が取り壊されて、

少しづつ、少しづつ、

その魅力を失っていく、

その過程を

見せつけられていると、言うことだ。

 

 

 

 

 

 

コインパーキングに立つ。

 

そこは、ほんの少し前までは

 

立つことができなかった場所だ。

 

そこから見える風景は、

 

かつてはその建物によって隠されていた、

 

見えることのない風景。

 

見せるつもりのなかった風景、

 

見られることを予想していなかった風景。

 

いつか、見られるであろう風景、

 

 

 

 

そういったものだ。

 

 

 

 

 

くずれさっていく時、

 

その断片は、

 

繁栄の陰に隠れた、美しさを、

 

繁栄の時に隠れ育った、もうひとつの美を、

 

おしげもなく、放出している。

 

 

 

 

 

20150720_020911909_iOS2