DOTCOOLは、静岡市葵区のJAZZ-BAR。

TEL.054-273-3466

〒420-0034 静岡市葵区常磐町1-5-4パレスビル6F

未分類

餓鬼

 

仏教について、詳しいわけではないよ。

 

しかし、いちいち調べるのは面倒なので、浅はかながら、記憶をたどると、

 

人間は死ぬと、

六文払って、

三途の川をわたり、

冥土と言う、裁判所に行き着き、

7日に一度、裁判を受ける。

 

 

 

三人目が、有名な閻魔大王、

49日にあたる、最後の裁判官が、タイセンオウで、その判決で次の行く先が決まる。

行く先は、
餓鬼界 畜生界 …人間界、天国などいろいろあるが、それは輪廻の罠で、

その世界から抜け出て、極楽浄土に行き着くことこそが真の目的である。

 
なお、裁判では、この世でどんな生き方をしたのか、が試される。

 

 

死ねば、まず肉体が滅びる。

肉体がない、ということは、

そこにいるにもかかわらず、

見えない。

 

また、叫びたくとも、口がないから、

叫べない。つまりは

誰も自分の存在を認めてくれないということだ。

 

 

存在が薄い、なんてもんじゃなく、

いるのに、存在がない。

 

味わうのは極限の孤独。
肉体も滅び、誰にも認識してもらえず、
孤独と寂しさの極限に追い込まれている人間の前に
突然

 

家族が現れる。
恋人が現れて、話しかけてくる。
会いたかったあの人が、久しぶり!とやってくる。

 

 

しかし、

これは、すべては、罠だ。

 

 

裁判官たちが、仕掛けた罠。
誘われたまま、ふらっっとそっちへ行った瞬間に、またも輪廻の中だ。
極楽浄土へと、解脱するためには、

誘惑を無視して、どこかに激しく輝いている、
強い光の方へと、歩んでいかねばならないのだ。

 

 

 

 

さて、
今俺は、人間界に住んでいる。
輪廻の階層で言えば、上から2つ目で、
ここにたどり着くまで、前世までは結構努力したんだろうな。
なんせ、上から2つ目だぜ。
いろんな誘惑にも負けず、がんばってきたからこそ、
この人間界にいられるのだ。俺は、大した奴だったんだな。

 

 

 

なのに、今の俺はなんだ?

 

 

腹がへりゃ食い、
毎晩たらふく酒を飲み、
ジャズだなんだ遊び放題、
それは仕事だなどとのたまうわりには、
疲れたなどと口にする。

 

 

ダメだ、こりゃ。
次は間違いなく、最下層行きだ。
苦しい人生が待っているな、
せっかく頑張って、ここまできたのに、残念だ。
冥土の裁判で、誰かがが俺の存在に気付き、おーい久しぶりだな、こっちこっち、なんてやられたら、
俺一撃でそっちいくから、もう自信あるからね、

さみしいのはいやだからね、
7回裁判があったら、7回ともいくね、

もう自信たっぷりで。なーんの修行もできとらんから。

ああ、みなさん、さようなら。

俺は餓鬼に姿を変えて、生きているから、誰も気がつかんだろうけど、

 

 

 

 

いつかこの人間界にもどった暁には、
シビれるような、ピアノを弾いてやるぜ。

 

 

 

サイマルラジオ

375071_141141026012813_1383306472_n

インターネットサイマルラジオで、私の番組

サウンドスペース・ライフタイムが聴けるようになりました!

上のバナーをクリックして、

東海地方のFM-Hiをクリックしてくださいね。

 

放送日・時間は下記のとおりです。
サウンド・スペース・ライフタイム
毎週木曜 18:30~19:00  放送
毎週土曜深夜 0:00~0:30 再放送
毎週土曜 15:00~18:00  アーカイブ放送

 

なお、11/26木 の番組は

特番、1時間半枠でおおくり致します。

サウンドスペースライフタイム、特番

「ジャズというジャンルがあるんじゃない、ジャズな人がいるだけだ!」

いつもに増して、過激に、刺激的にお届け致します!

コインパーキング

20150718_061030789_iOS 20150720_015954896_iOS 20150720_020612080_iOS 20150720_021448649_iOS 20150723_085529961_iOS

 

 

街場の

大きくもなく小さくもない、

パチンコ屋が、取り壊されて、

コインパーキングになる。

 

 

 

 

老朽化しテナントも入らなくなった、

ビルが取り壊され、

コインパーキングとなる。

 

 

 

コインパーキングができるということは、

駐車場が増えて、街が便利になった、

 

 

 

 

 

ということではない。

 

 

 

 

 

 

街が取り壊されて、

少しづつ、少しづつ、

その魅力を失っていく、

その過程を

見せつけられていると、言うことだ。

 

 

 

 

 

 

コインパーキングに立つ。

 

そこは、ほんの少し前までは

 

立つことができなかった場所だ。

 

そこから見える風景は、

 

かつてはその建物によって隠されていた、

 

見えることのない風景。

 

見せるつもりのなかった風景、

 

見られることを予想していなかった風景。

 

いつか、見られるであろう風景、

 

 

 

 

そういったものだ。

 

 

 

 

 

くずれさっていく時、

 

その断片は、

 

繁栄の陰に隠れた、美しさを、

 

繁栄の時に隠れ育った、もうひとつの美を、

 

おしげもなく、放出している。

 

 

 

 

 

20150720_020911909_iOS2

 

審査員

519083d67c8f8c90ccde1878e205e507_9542

 

 

佐野氏デザインのエンブレム 白紙撤回

9月1日 16時55分

2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムについて、大会の組織委員会は、佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムについて、「佐野氏は模倣ではないと否定したが、一般国民の理解が得られない」として白紙撤回し、新たなエンブレムを公募で選ぶ方針を示しました。

 

 

 

あやまっちまった。

 

 
撤回だって。
 

 

この作品を選んだのは、審査委員だ。

一応日本ではトップの

デザイナーたちが審査委員となり、選んだ作品が

東京五輪のエンブレムとなったのに

 

 

 

 

ネットやなんぞでぐちゃぐちゃ言われたのか

 

 

 

あやっぱやめます、と

あっさり引き下がっちまいやがった。

 

 

 

 

 

がん首そろえた審査委員たちは、ド素人なのか。

ド素人たちの下世話な盗作話にフラフラして、決定を覆すという点では

ド素人以下なのか。

 

 

 

 

審査委員長のようなものがいるのであれば

私が選んだ作品だ、どんな文句があるのか、とどうして矢面に立たないのだ。

プロフェッショナルな立場から、きちんと説明すればいいではないか。

なぜ佐野さんを矢面に立たせる?

彼はただ作品をつくったにすぎない。

盗作、贋作、それを見抜いて正しい評価をするのが審査委員だ。

すべては

審査委員の責任だ。

クリエーターに責任はない。盗作なら、最初から落とせばよかったのだ。

 

 

 

 

これでは、

日本で良いクリエーターは育たない。

価値あるものは、生まれない。

日本の精神性の、最も脆弱な部分が、端的に露呈してしまった。

 

 

 

 

 

Google

charlie_parker

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Google でDOTCOOLを検索すると、

 

dotcool.info/キャッシュ

静岡市常磐町のジャズバー ドットクールです。生演奏をはじめ、ハッピーにスイングする ジャズを聴きながら、ドリンク、お食事を楽しもう!豊富なバーボン、スコッチ、カクテル。 ジャズピアノ教室は数多くの生徒で賑わう、楽しくて本格的なレッスン、楽譜をはなれて  …

 

とかでてくる。

誰が考えた文句かって?

 

 

 

 

 

俺さ。

 

 

俺が考えたんだよ。あたりまえさ。

 

 

 

なんてしらじらしい文句なんだ、これ。

 

まあ嘘を書いたつもりはないんだけど、このしらじらしさはたまらんな。

 

みんなでJAZZを楽しもう!ってのりがさ、俺もがんばっちゃってるな、て感じだね。

 

 

 

 

JAZZは、確かにHAPPYだが、

 

残念ながら、誰にでもわかるってしろものでもない。

 

 

 

 

 

わかんねえやつには、わからん。チャーリーパーカーが奏でる、至上の喜びも、どんなにゴキゲンなスイングも、わからんやつにはわからんだろ、そりゃしょんないことさ。俺だってわからんものはいっぱい、それこそイッパイあるわけだからさ。

 

 

こんなものすごい、モノスゲーーーーーー快楽も、わからんやつには届かん。まーーーったく届かん。そんなものなんだ。

 

 

 

俺なんか、この音があるから、このスイングがあるから、生きていてもいいかなって思えるくらいなんだ。それっくらいにJAZZはいい。いいと思う。

 

 

だから、JAZZは人を救う。人を救えるものだと思っていた。俺が救われたように。

 

 

 

 

しかし、どんなにJAZZを愛していても

救えないことがあることも知った。万能ではないようだ。

 

 

 

 

 

いずれにせよ、自分とJAZZの間には、抜き差しならない関係がある。今後もこの関係を続けていくことだろう。

 

 

 

その・・・

 

 

静岡市常磐町のジャズバー ドットクールです。生演奏をはじめ、ハッピーにスイングする ジャズを聴きながら、ドリンク、お食事を楽しもう!豊富なバーボン、スコッチ、カクテル。 ジャズピアノ教室は数多くの生徒で賑わう、楽しくて本格的なレッスン、楽譜をはなれて  …

 

 

 

つうのは、なんていうおもてっつらだけの言葉なのだろう。 (俺が考えた)

 

 

いつのまに、俺はおもてっつらを体裁よく整えることに精を出す、人間になったのか?

 

アホに、なっちまったのか?

 

 

 

 

 

 

 

疲れたな。

 

 

 

 

 

 

そろそろ体裁整えるの、やめるか。

 

 

 

 

 

聴きたい奴だけ、聴きに来てくれ、できるだけ普通のJAZZ、やるからさ。

 

黄瀬涼太

tumblr_mvacwi1SAM1rl28zoo1_500

 

 

 

 

 

 

 

 

黒子のバスケというアニメがあり、

ウインターカップという大会で高校バスケ部が全国大会で闘いあう

そんな現代のスポーツアニメ。

 

 

いやあ間違いなく子供向きの、とても50前の男が

喜んでみるようなアニメではないんだろうけどね、

 

 

 

5人の「キセキの世代」と言われるスタープレーヤーの中で、

気になったのは、黄瀬涼太という男だった。

 

 

 

この黄瀬は、

あらゆる技を、見ると一瞬でコピーしてしまうという特技があり、

この特技を生かし、チームを勝利に導く。

 

 

要するに、

完コピー能力が高い男というわけだ。

 

 

 

この完全 完コピパーフェクトそっくり男がさ、

どうやって負けるのか、気にならなかった?

 

 

 

 

負けるのはわかってるんだ、主人公じゃないし、

勝ち進むのは誠凛高校、当然黒子テツヤ主人公の高校だからさ、

 

 

 

 

いったい、どうやって負けるんだ?

負けるとすれば、どんな負け方をするのだ・・・

作者はこの男をどう敗北に導くのだ・・・?

 

 

 

 

気になるでしょ、どうしたって。

 

 

 

 

 

いや、バスケの話をするつもりは毛頭ないのだよ。←誰?

むろん音楽の話。

 

 

 

 

音楽において、

われわれの業界においては、さ、

完コピ能力が高いというのは、やっぱり音楽的センスが高いということだと思う。

そりゃあ、そんな簡単に、誰かが演奏したのを簡単にまねすることなどできない。

ぱっと聴いたものを、ぱっと演奏できるとすれば、それだけで音楽的センスも能力も相当高い。

 

 

 

 

音楽において天才と評せれる人は、まず間違いなくこの能力が高い人だ。

それはそれはうらやましい。

すごい。

スゲー!

っていうのはこういう人だ。

 

 

 

しかし、音楽ってのは、決してそれだけではない。

何か創りだすということは、決してまねばかりではないですよね。

誰かそっくりに演奏するということは、それそのものにも価値があるかもしれないが、

それだけが価値ではない、音楽家ならきっとみな、それを信じているはずだと・・・

はず、だと・・・

 

 

 

 

いや、だからさ、

スーパーコピー男、黄瀬涼太はいったいどうやって負けるんだろうか、と。

負けるんだろ、負けてくれよと、

複雑な思いで見たわけです、アニメを。

自分の可能性を、見出したかったんですよ、きっと。

 

 

 

 

まあ、結果は、その負けっぷりは、

どうでもいいってことよ。おしまい。

この素晴らしき世界


サッチモの大ヒット曲に

WHAT A WONDERFUL WORLD

この素晴らしき世界というのがあって

 

 

木々の緑、ばらは赤く

ご機嫌いかがはアイラブユーで

全く馬鹿みたいに世界をたたえ、世界は凄い、素晴らしいというだけの

曲なんだけど

 

 

 
遅くともあと30年もすれば、わたしは確実に、

長く長く、永遠に続くいつ終わるともない闇の中に放り込まれる。

 

 

確実だ。死とはそういうことだ。

 

 

 

閻魔大王だろうが、誰だろうが、

いてくれるなら、希望がもてる、しかし、

そこはただのやみだ、終わりを知らない、ただの闇だ。

暗黒の死の闇を思えば、此の世は光に照らされているだけで

たしかに幸せだ。

 

 

 

私は、すぐに消滅することを約束された、

光の世界に身を寄せている。

たまたま。

 

 

 

いい歌だな。